・現場透水試験Ver1.0について

概要◆
・現場透水試験は、現在、ボーリング孔を利用しての透水係数の算出方法として、広く用いられています。
 当ソフトは、地盤工学会基準「地盤調査の方法と解説 H16発行」による 
  
  @非定常法/直線勾配法
  A定常法
 の算出を行います。 
特徴◆
@データ入力は非定常法と定常法に分かれています。
Aデータシートは「関東地質調査業協会」と「地盤工学会」タイプの2種類で印刷可能です。 
B非定常法による、h-t曲線グラフ、log s-t曲線グラフの背景色・グラフの線の太さ・色等の選択が可能であり、またマイクロソフト社の  
  エクセルへのエクスポートにも対応しております。
C定常法による、管内水位グラフ、流量グラフの背景色・グラフの線の太さ・色等の選択が可能であり、またマイクロソフト社の
  エクセルへのエクスポートにも対応しております。