井戸工事

井戸水を利用してみませんか?

当社の施工方法

@ VP100仕上げの場合 愛媛県松山市来住町の例

Aφ350スクリーン仕上げの場合 愛媛県松山市竹原の例

井戸の利点は?

良質で豊富な地下水の確保が可能です。

ケーシング掘削は打抜井戸と比べて深い位置(深度10〜50m以上)で水脈を確保できる為、
表層部からの雑流水の心配がありません。

スライム(排土)や掘削速度等で土質の厚生が判断できるので、井戸スクリーン(流入口)の位置を
確保次第水脈へ自由に設置できます。
コアボーリング(土質のサンプルを取る)も可能です。

硬質土でも掘削可能であることで、岩盤層付近の水脈を確保できます。

井戸の仕上りは塩ビ感(VP)を使用するので錆や腐食の心配がありません。

地下水の深度が8m(浅井戸ポンプでの揚水限界)以下でもジェットポンプや水中ポンプを使用する事で
揚水可能です。




浅井戸と深井戸の比較は、こちらをご覧下さい

上水道料金、簡易水道料金はこちらをご覧下さい




井戸工事と水道料金の比較

@井戸工事投資費用の場合(VP50仕上げ 15m掘削の場合)
  掘削費 20,000/m × 15m
  ポンプ及び設置費
300,000円
100,000円
計400,000円

A水道料金(一世帯家族 家族4人程度の場合)
5000円/1ヶ月 × 12 = 60,000円
投資費用回収年数
   400,000円 ÷ 60,000円 = 7年

尚、下水道費用も水道料金と同じ程度必要となります。